共有持分は自分の持ち分だけ売ることができる

共有持分とは1つの土地などを含めて不動産物件を、何人かで共有することです。遺産相続などで手に入った土地を兄弟姉妹で共有するときなどに利用されます。
また、地域でその土地を共同購入するときなどに使用されることも多いです。もちろんそれだけではなく、夫婦でマンションを購入するときなども共有持分と判断されます。
実は共有持ち分は事情により売却したいとき、相手の同意を得なければ全部を売却することができません。
例えば夫婦で買ったマンションを離婚時に妻が売って慰謝料に充ててほしいというのを、夫はそのまま住み続けるから売らないというときに売却が不可能となるパターンが当てはまります。
とはいえ、100パーセント全部を売却できないわけではなく、自分の持ち分だけを売却することは可能です。
ただし専門の買取業者でない限り買取ってもらえる確率が低くなるため、注意が必要といえます。買取業者がほかの持ち主に強引な勧誘をすることもあるため、注意してください。

効率よく手続きをするための方法は複数

共有持分の不動産は所有権のある持ち主全てが同意しなければ、売ることはできません。
とはいえ、全員の同意が得られれば売ることはできます。スピーディーに売るテクニックの一つが、持っている人たちで話し合い、1人に買い取ってもらう方法です。
持ち主同士で話し合ってスピーディーに売ることで、その後の不動産売買も簡単になる可能性があります。
それ以外のテクニックとなるのは、分筆して持ち主たちの単独所有にする方法です。
分筆とは1つの不動産を複数の物件にする方法で、広大な土地などを兄弟で持っている場合などに分筆してそれぞれの土地にすることで、売る手続きがスムーズになるために利用するといいます。
自分の持ち分だけを売却することもできますが、非常に安く買いたたかれる可能性が高いため、納得したうえで手続きをするなら問題ありません。
しかし、できるだけまとめた資産にしたいなら、1人の所有者に持分をまとめて売買したほうが高値になります。

まとめ

共有持分は不動産物件を複数の人が持つことです。
夫婦でマンションを買うなどの方法や、遺産相続で複数の兄弟が持つことなどが当てはまります。
そのまま持っていても問題ありませんが、万が一売るときは事前に持ち主全ての許可が必要です。
トラブルを回避するためには事前に土地を1人の所有者にまとめてしまうことや、分筆を使って土地を分けて所有権をその土地ごとに単独資産の形にすることだといいます。
持ち主ごとによく話し合って売ることが大切です。”

共有持分をスピーディーかつ簡単に売却するテクニック

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。