夫婦でマイホームの共有名義を持つことのメリットは?

複数の節税効果を期待できる

マイホームを購入するときに共有名義を選択するケースが増えています。
以前は収入の多い夫が購入して名義も単独になることが多かったです。一方、現代社会は女性の社会進出が盛んになり、資金を出し合って購入することが増えました。
その際に生じるメリットとして、控除を多めに受けられることが挙げられます。
共有名義になるとマイホームは1つでも、控除は個々に適用されるようになります。
たとえば住宅ローン控除もそうであり、うまく活用すれば複数年にわたって所得税の課税額を抑えられます。
マイホームを売却することをイメージできないかもしれません。
しかし、その決断をしたときに受けられる控除もあるのです。
こちらに関しては3000万円を2人が個々に受けられます。
したがって、同じマイホームに暮らす場合でも、共有名義にするだけで資金繰りに余裕が出るというわけです。
特別な事情がない限り、共有名義にする方向で検討してみましょう。

夫婦のパワーバランスを維持しやすい

マイホームを共有名義で買うことは、精神面にも影響を及ぼします。
1人の名義で購入した場合、もう1人はそこに住ませてもらっているという形になります。
その結果、無意識に上下関係が生じることも否めません。
夫婦喧嘩をしたときなどに、所有者がそうでない方に強く出やすくなります。
出ていくように命じることもあるなど、対等な関係をキープするのは容易ではありません。ニューノーマル時代において、このようなパワーバランスは適切ではなく、できるだけ改めるのが望ましいです。
そういう意味でも共有名義にしておけば、不当に一方が強権を振るうことはなくなります。
自分の持ち分がある以上、出ていくように命じられても従う必要はまったくありません。
自分の権利を主張して対等に話し合えることは大きなメリットです。
もちろん、そのような仲たがいを起こさないことが一番です。
両者のパワーバランスが取れていると、互いを尊重しあうので争いを抑止できます。

まとめ

共有名義のマイホームと聞いても、具体的なメリットが分からない人も多いでしょう。
経済面と精神面の両方において大きなメリットがあります。
控除を別々に利用できることは、節税に対して顕著な効果をもたらします。
精神面の効果は軽んじられがちですが、夫婦関係を良好にするカギとして機能しやすいです。
このように多角的な作用を見込めるため、夫婦でよく話し合って方針を決めるとよいでしょう。
長期的な視点でメリットを考慮することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。