共有名義は放置せずに解消しておく

離婚した場合にマイホームの共有名義はどうすれば良いのかと言うと、一番良い事は離婚の際に自宅をはじめとした共有名義不動産がある場合には、すべての共有状態を解消することです。
万が一共有名義のままにしておくと、離婚後も互いの関係が続いてしまいます。
共有名義の物件の場合には、一人ひとりの共有者ができることが限られているのが実情です。
全員の同意がなければ長期的な賃貸借や抵当権の設定、売却など重要な行為を行うことができないのです。
リフォームですら制限されてしまうのが実情です。
また所有しているだけで毎年固定資産税がかかり、業者に管理を任せれば管理費もかかってしまいます。
活用しなくても支払うお金がある事は大きなデメリットと言えるでしょう。
これらの負担も2人で分担するのが原則となっているものの、場合によっては一方が精算に応じてくれいようであれば、負担が1人に集中し、これが大きなトラブルに発展します。

共有名義を解消する方法を覚えておこう


離婚に伴って共有名義を解消する方法としては、全部で2つの方法が挙げられます。
1つ目がどちらかが相手の持ち分を買い取る方法、そしてもう一つは2人で協力して売却して代金を分け合うことです。
夫婦のどちらかが離婚した後もマイホームに住み続けたいと考えているのであれば、持ち分の買取を行うようにしましょう。
どちらも住む予定がなければ売却をするのが一番です。

持ち分を買い取ってもらう方法でも、不動産を売却する場合でも、どちらにおいても重要なポイントとなるのが不動産の価値です。
相手の持ち分を買い取る、売却するとなった場合には、不動産の評価額が基準になります。
不動産の価値を算定するためには、不動産会社に査定依頼を行います。
近くの不動産会社、またインターネットの査定サービス等利用するのが望ましいです。

不動産を売却した場合には売却益が入ってきますが、これらは財産分与の対象になるため2分の1ずつに分けることになります。
売却駅から経費を差し引いて、残ったお金を2分の1に分けましょう。

まとめ

マイホームを購入名義で購入した後に離婚をするとなった場合には、夫婦共有の不動産があれば、財産分与や計算方法等が複雑なものになってしまいます。
こうなるとトラブルも発生しやすいため十分な注意が必要です。
相手の持ち分を買い取る方法でも、マイホームを売却するにしても、大きな手間がかかることにもなるでしょう。
できるだけ早い段階で弁護士などに相談した上で、最適な対処方法を聞いておくことが望ましいです。
物件を売却したいと考えているのであれば、親身になり相談に乗ってくれる不動産会社を探してみるようにしましょう。

マイホームの共有名義は離婚した場合どうなるのか?

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です